GCS2010セッション希望アンケート (投稿6件)

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 9か月前):

    GCS2010で実施するセッションについて希望アンケートを調査いたします。
    箇条書きでかまいませんので、どしどし記載お願いします!

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 9か月前):

    ① グラフィックセッション
    グラフィッカが講演すると、どうしても上っ面の話になるので 、今回は技術面を含め、しっかり話して欲しい。
    ・発注書からイメージを起こすプロセス
    ・ダメ出しが出た途中の案を何案か。
    ・そこでのプランナー(orチーフデザイナー)とのやり取り、完成までの流れを話して欲しい。

    ※内容は現実を隠さず、キツい内容ほど良い。

    ② 人事セッション
    採用したい人材像、したくない人材像

  • nkc-arai さんのプロフィール写真 nkc-arai の発言 (8年 9か月前):

    ① 作品セッション
    ・今までに入社した人たちの作品を見て、良かった点、凄かった点、さらにこれが加わればもっと良かったなどの、採用レベルの作品指標
    ・望ましいプログラムスタイルと、困るプログラムスタイル

    ② 人事セッション
    一緒に働きたい人物像、一緒に働くのは勘弁してほしい人物像

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 9か月前):

    1.【人材】面接・エントリーシートで多い失敗例
    2.【制作】プロジェクト運営研修
    3.【人材】合格する作品・しない作品
    4.【制作】キャラクターのできるまで


    1.【人材】面接・エントリーシートで多い失敗例
    講演者:AQI様、SF様、BNG採用担当者様

    「ゲーム業界で求める人材像」という講演は多数ありますが、
    聴衆はわかったつもりで終わるケースがほとんどです。
    本講演では「こういう学生は落とされる」という例を本音ベースで
    より具体的に紹介していただき、学生への教訓としたいと思います。

    2.【制作】プロジェクト運営研修
    講演者:ディレクション経験者

    参加者で学校を超えたチームを作り、ゲーム制作を題材とした問題解決の演習を行います。
    演習を通して、チームワークで大切なことを学び、他校の学生と交流することで刺激を受けます。

    (参考URL)楽しいプロジェクト運営
    http://cafe.eyln.com/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%B3%DA%A4%B7%A4%A4%A5%D7%A5%ED%A5%B8%A5%A7%A5%AF%A5%C8%B1%BF%B1%C4#p2

    3.【人材】合格する作品・しない作品
    講演者:作品審査担当者

    合格者および不合格者の実際の作品を紹介しながら
    なぜこの作品は合格したのか、なぜこの作品は合格しなかったのかを解説。
    いい例と悪い例を比較紹介することによって、評価のポイントがより具体的に伝わると思います。

    4.【制作】キャラクターのできるまで
    講演者:キャラクタデザイン、コンセプトデザイン担当者

    ゲームに登場するキャラクターの案出しから完成までの過程を紹介。
    単なる紹介だけでなく、その過程で何を考え、何に悩んだのか、
    場合によっては、ボツキャラを紹介して、なぜボツにしたのかなど。
    「制作過程」だけでなく「思考過程」を紹介していただけたら、
    デザイン専攻の学生の作品制作時の取り組み方に影響を与えると思います。

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 9か月前):

    学生が知りたい事。
    ・現在、ゲームコンテンツのダウンロード販売が増えてきているが、今後もこの流れは進みそうか?将来新たな流通形態が出てくるのか?
    ・スマートフォン市場が拡大すると予想されるが、現在の携帯ゲーム専用機は大丈夫か?
    ・今後のゲーム業界のトレンドは?
    ・将来のゲームクリエイターに求められる素養は?

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 9か月前):

    ・ゲーム業界人が学生にやって欲しいとお奨めするゲームとその理由のセッション
    ・ゲームプログラマが絶対に抑える数学と物理の簡単な説明
    ・業界人がお奨めする本とその理由
    ・1年目の仕事内容はどんなので、どのような生活を送っているのか(1~2年目の方に聞きたい)
    ・ゲーム業界での伸し上がり方
    ・ゲーム制作途中でのトラブル(腹が立った事)と解決方法について
    ・グラフィッカーとプログラマがゲームについて熱く語りあい、聞いている人に賛否を問う
    ・作った人とゲームをプレイして熱く語り合う
    ・開発はどのような流れでおこなっているのか
    ・大質問大会(数社の方に聞き、1社につき3回までパスをしてよい)