GCS2011反省点 (投稿12件)

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 8か月前):

    2日間お疲れさまでした。太田情報商科専門学校の松谷です。

    GCS2011は学生達にとってとても有意義な時間であったと思います。本校の学生達にもそうした場を提供出来たことを心から嬉しく思っております。森永様、丸山先生、文科省の委託事業に参加させていただいて本当にありがとうございます。

    反省事項について、早い時点でとのことでしたので、取り急ぎ思いつくことをメールさせていただきます。

    17日
    ●各校の展示場所について、ある程度、事前に決める必要を感じました。
    ●12時準備終了、直ぐに開場は忙しかったです。
     ⇒学生が食事をする時間が取れなかった。14時 開場くらいが余裕があり良いと思います。
    ●セッションが立て続けに行われ、大半の学生がセッションに参加したため、作品展示の開場に学生が殆どいなかった。この間に来場した企業様もいたため、セッション参加については事前登録制にしてはどうでしょうか。これによりセッションの参加人数を確保することが出来、各校毎にブースの要因も確保することが出来るようになると思います。

    18日
    ●発表会の開始時間を早め(厳しいかもしれませんが)、午前中に発表会を終了し、午後から作品展示開場をメインとする等してはどうでしょうか。18日は発表会が中心になり展示されている作品を見学する時間が殆どなかったと思います。外部からの来場者の方が展示作品を見て回るのみでなく学生達もお互いの作品を見る機会も増え、学校間の交流も進むと思います。
    ●懇親会の時間が確保されていたが片付けの時間になってしまった。懇親会を実施するのであれば、別開場の準備が必要と思いました。

    その他(ご提案)
    丸山先生が合宿のお話をしていたと思いますが、今回のように複数の学校でということをお考えでしたら、下記の場所はどうでしょうか? 安いので情報を提供いたします。

    国立赤城青少年交流の家
    http://akagi.niye.go.jp/riyou/guide.html

    ●交通の便は悪いですが、群馬県のJR前橋駅からバスで35分程度(25名以上いる場合は臨時バスをお願い出来るようです。)
    ●宿泊施設が400名程度までは収容出来るようです。
    ●費用ですが、1泊3食付きで1名2050円となります。
    ●詳しくは調べていないのですが、国立なので、どこの県出身でも金額は同じと思われます。

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 8か月前):

    ・企業の方の話(公演、発表コメント)は、学生・教員にとって大変有意義であった。
       技術、意識・姿勢など必要なことを再確認することが出来たと思う。
    ・覆面トーク、質問大会など、後方からは見えにくくステージがほしかった。
       特に覆面は、声もこもってしまい聞き取りにくかった。
    ・学生同士の交流も図られ、刺激になったと思われる。
       今後、この交流が継続するような仕組み(名刺交換、フォーラム・・・???) があると良いのでは?
    ・服装について、学生に「ビジネスカジュアル」を体験させるのは良いかもしれない。

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 8か月前):

    静岡電子情報カレッジの鈴木です。
    お世話になります。

    17日・18日は大変お疲れ様でした。
    学生・教員共々、とても勉強になった良い機会でした。学生のゲーム作品のクォリティをもっともっと上げないといけないととても反省しました。(ゲーム業界の方々に申し訳ない)

    さて、イベント自体の、課題等ですが、

    1.学生の服装について
     こちらは、委員会でもあがっていましたが、統一感があったほうが良いと思いますので、次回は、そろえられるといいと思います。丸山さんが、おっしゃったように、教員もノーネクタイ、学生は私服、(ジャージ等みっともないものは、付加)が業界に沿っていていいと思います。)

    2.1日目のセッション中の展示について
     事前資料ですと、セッション中も展示ということでしたが、 実質セッションに殆ど参加していたと思うので、次回、外部の方が もっと、お見えになるようでしたら、セッション中も展示ブースに学生 をきちんと配置したほうが良いと思います。

    良かった点
    1.他校の状況が見れて良い刺激になり、大変良かった。
    2.ゲーム業界の方々の生の意見が聞けて良かった。
    3.1日目の夜、学生間の交流が出来て良かった。 (マイクロソフト様、機材の提供ありがとうございました。)

    以上、よろしくお願い致します。
    ありがとうございました。

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 8か月前):

    ・審査の時間が少なかった
      他校の生徒がプレイをしており、なかなかプレイできなかった。
    ・審査時に、説明員がいなかった
      どこかで他校のゲームをプレイしていたのでは?
    ・審査の採点方法のレギュレーションをもう少し考えた方が良い
      CGだけだと不利
      プレゼンがないと不利
    ・もっと交流させる仕組みを考えた方がいい
      企業と生徒、生徒と生徒、先生と企業
    ・場所が不便
    ・電源問題
    ・ストッキングが鞄の中にあった
    ・マイクのハウリング
    ・覆面が暑いのと、声が通らない
    ・会場の空調が悪い

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 8か月前):

    毎々お世話になります。
    株式会社AQインタラクティブ 杉山です。

    GCS2011は、本当にお疲れ様でした。初めての試みでしたが、全体的に概ね上手くいったのでは?と感じております。

    ただ、いくつか意見を・・・
    ・やはり服装は気になりました。
     学校間格差も勿論ですが、確か就職とは直接に繋げない、という話だったかと思います。リクルートスーツでもいいのですが、その辺りのコンセンサスは必要かと思います。
    ・作品数が多かったように感じます。
     選考委員として、全てを見るのはかなり厳しかったです。例えば、閲覧作品と選考作品を分ける、作品はいくつでもOKだが選考対象とする作品を2つ程度に絞る、などの対応がいいかもしれません。

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 8か月前):

    JIPDECの福井です。GCS2011大変お疲れ様でした。

    それで、ちょっと遅くなってしまって恐縮ですが、GCS2011にて気づいた点をいくつかあげてみたいと思います。

    印象深かった点
    ・どれぐらいの参加者となるのかがいまいち事前にわからなかったので、初日の参加学生さんの人数には正直驚きました。引率された各学校の先生方の御尽力もさることながら、皆真剣な眼で幕張セミナーハウスに集まった学生さん達の熱意には、正直圧倒されました。
    ・初日のセッションは最初のほうはUstでの中継で見ていましたが、覆面座談会、しゃべり場とも捕縄に盛り上がっていて(Ustではかなり盛り上がっているように感じました。)、企画としては、ゲーム会社側の本音も聞けて大変よかったと思います。また、フィシリテートされた進行の皆様の仕切りも非常に効果的であったと思います。
    ・2日目最初の若手技術者セッションでは、ちょっとオーディエンスのほうが疲れている感がありましたが、ご出席の若手技術者の方々の”返し”も良く、企画としてはよかったと思います。ただ、ちょっと時間足らずというところがあり、オーディエンスからの質疑応答の時間が無かったのが残念でした。
    ・初日の作品展示については、ちょっと雑多な感じもしましたが、熱心な学生さんはどんどん来場者にアピールしており、押しの強い学生さんの作品説明は非常にわかりやすくて好かったと思います。ただ、一方でアピールするでもなくただ漫然と立っているだけの学生さんもいたり、またその場で自分の作成したゲームに入る込んでしまっていて、来場者のことが眼中にないような学生さんもいて、その点では、アノ場でもある一定の仕切りが必要だったのでは、と感じました。
    ・2日目のプレゼン大会は、時間管理がしっかりしていて、進行は全く問題なかったと思います。ただ、学生さんたちが疲れてしまったのか、寝オチしている学生さんが多数見受けられたのは残念でした。せっかくの機会なので、他の学生さんのプレゼンを見て、また審査員の辛らつなる指摘に感化される、といったことが非常に大事だと思うのですが‥。

    検討を要する点
    ・今回はClosedということで開催しましたが、せっかくの良いイベントなので、もっと広く多くの方に参加いただくために公開形式とすることを検討すべきかと思います。一般公開日とClosedの日の2日簡開催とするとか、開催形式はいろいろと考えられますが、一般公開すればもっと広がりが期待できるイベントに発展していくのでは、と思います。
    ・次回に向けてですが、学生さんたちは、トップのゲームクリエイターの方の技術的な話がもっと聞きたいのでは、と思います。夜のセッションとかでBOF的に小グループでいろんなテーマで技術者の方と語り合えるような企画があっても良いのでは、と思います。
    ・これは蛇足かもしれないのですが、今回は学校側が引率して参加したので、事前に生徒の了解がとれていれば全く問題ないのですが、未成年者も参加するようなイベントの場合、それを中継するとなると、個人情報に関わる箇所が表に出ないような配慮が必要となります。私が長年やっていたセキュリティキャンプでは特にその点については画像の事後のアップも含めて、かなり気を使って対処しました。学校名とか氏名がモロに出ていたので、事前了解済みならば問題ないのですが、このご時世ですので、学生さんの個人情報とか肖像権とかウルサイことを言う方々も一方にはいらっしゃるので、その点の注意は肝要かと思います。

    なんかつらつら書き連ねてしまいましたが、一応はこれぐらいにしておきます。
    また、細部気付いた点がありましたら、連絡させていただきます。

    ただ、このイベントは、この後上手く運営していくノウハウを蓄積していけば、かなりの大イベントに化けるのでは、という期待を持ったことは事実です。

    お疲れさまでした。

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 8か月前):

    お世話になっております。帯広コア専門学校の椋井です。
    先日はいろいろと勉強させていただきありがとうございました。

    標題の件について若干ですがあげさせていただきます。

    ・学生にとって、今回のような発表場所が用意されていることは大変素晴らしい事だと思います。プレゼンでは、駄目だし等ありましたが、一生懸命に考えたということは伝わってきました。自分の成果物についての自分でプレゼンする、大切だと思います。
      
    ・人事トーク、若手社員とのパネルディスカッション、私もお話を聞くことができ勉強になりました。こういった機会が増えると学生のモチベーションも上がるのでしょうね。

    ・服装について 私も気になりました。趣旨は理解できますが、あまりにもだらしないのは注意が必要かと。また、頭髪に関しても長髪の学生はもう少し何とかならなかったのかと思います。しばる、まとめる、明確にしておけばと感じました。

    ・Twitter、Ustream等の配信について、ややPoorな感じでした。Twitterでは参加者がわずかでしたし、Ustは音声が・・・。Liveで本校の学生にも見せたかったので残念でした。

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 8か月前):

    お世話になっております。
    国際情報工科大学校 石栗です。

    返信が遅くなり申し訳ございません。
    標記の件、GCS2011の反省点についてです。

    自校の反省は多いのですが全体の進行は順調だったと思います。雰囲気や流れなどはゲームショウほど過剰でなく学生同士話し合える機会があり非常に有意義なものでした。

    あえて書くならば
    ・学生への昼食場所のアナウンス
     わかる範囲で自校の学生へアナウンスはしましたが土地勘のない田舎の学生への後押しがあると地方学校としてはありがたいです。

    くらいのものです。
    次年度も是非開催いただければと思います。

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 8か月前):

    いつもお世話になります。
    名古屋工学院専門学校の荒井です。

    とりあえず反省点として思い当たるのは
    ・電力用不足
    ・出展予定作品を直前で出展できなくなったこと

    すぐに思いつくのはこのくらいです。また、思いついたら、連絡をいたします。

    —————————————————————————————————————————

    いつもお世話になります。
    名古屋工学院専門学校の荒井です。

    反省点の追加点です。

    学生意見ですが、
    ・学生作品展示の際、通路をもう少し広く取れていればよかった。(集中してしまうと見れない・通れない)
    ・空調にもう少しがんばってほしかった。
    ・他校とのふれあいの時間をもっと多く取りたかった。(宿泊した学生以外にもキネクトなどをしたかった)
    ・食事の時間を確保してほしかった

    が、出てきました。

    しかし、また参加したいという意見もほとんどの学生から聞けていることも合わせて報告いたします。また、実施しましょう。

    参加校の先生方とメールにてやり取りをしていますが、皆さん(もちろん私も含め)継続したいとおっしゃっています。大変でしたが、素晴らしいイベントでしたね。

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 8か月前):

    お世話になっております。東北電子専門学校の伊藤です。
    GCS2011の反省点として、以下の点を述べさせていただきます。まとめるのが苦手で、長文で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

    ※当校で報告会を行い、そこで持ち上げられた内容を含みます。

    1. 良かった点について

    1) 学生のモチベーションは間違いなく上がりました
     当校の小谷君に後日感想を聞いたときにも「ECCの清水君(大賞を獲得できた学生)を始め、多くの学生の作品に触れたことで、自分自身や自分の作品の良し悪しや新しい目標も見つかった」と言っておりましたし、受賞した山下君にも自己アピールの材料として自信を付けてもらうことが出来ました。既卒の学生に比べ、より企業が求める人材として成長してくれるものと期待しています。
     他校の学生についても恐らく同じことが言えると思いますし、「夏キャンプ開催」の案が出たときにも意欲的に参加しようと挙手する学生が多かったのは「開催して良かった」と率直に思いました。

    2) USTREAMの配信について
     本校学生に対する「企業へアプローチする際のプレゼンテーション技法」が企業にとって、実際にどう思われるのか、また他校の学生の作品の魅力、身につけなければならない技能やセンスなど、たった2日間の開催ながら、多くの課題を教員・学生ともに知り、学ぶことが出来たようです。
     出来うることならば、現在USTREAMの過去のライブ配信として残っているものをある程度の期間まで(1~2年くらい?)残しておけるようになると良いのですが。

    2. 悪かった点について&改善内容

    1) 開催に即した「カリキュラム」が必要
     もう少し準備期間があれば(学生に意図を周知徹底した上で作品として整えられるのであれば)もっとクオリティの高い、「企業の人に見てもらう」上での目的意識にあふれた開催が出来たのではないかと思います。
     ※ TGSの参加作品を見る限り、各校とももっとレベルは高いはずです。
     教育機関として学生に対し、その意識をつけさせるためにはまず最優先として目的意識を持たせられるような統一したカリキュラムの定立が課題になるはずです。この分科会の原点に戻ることになりますが、今一度「新しいゲーム教育のカリキュラムの作成」をした上で、評価体制を執ることが大事なのではないでしょうか。

    2) 開催時期について
     当校に限った話ではありますが、実は2/19&2/20が卒業制作展にあたり、卒業学年の参加ができず、また次年度就職学生についても、2/17に外部講師を招いた就職セミナーなどがあったために、全員を参加させる事について学校・学科での承諾が得られなかった、という背景があります。
     今回参加を見合わせた学校(たしか神戸電子さんなどはそうだったかと思います)もあることから、今後行われるようであれば、「参加校がゲーム産業への就職に根ざした目標と、それに見合う開催時期はいつごろか?」という事を検討すべきかと思います。
     さらに付け加えると、人材発掘という観点からすると「学生に問題意識を植え付ける」という開催意義であればもっと早い段階(12月ごろ)が良いと思いますし、企業から直接スカウトされるなどの(過去のDEAのような)開催意義であれば3月ごろでも良いのではないかと思いました。(ただし出展させるのはあくまで「次年度就職学生」に限り、としてもらいたいのですが)

    3)GCS2011にて実現出来なかったこと
     企業の方と学生との懇親会や、コミュニケーションサイトの設立が当日までに出来なかったのは非常に心残りです。もう少し準備期間があれば変ったかも知れませんが、次回開催が可能なのであれば検討して頂きたいところです。

    以上、よろしくお願いいたします。

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 8か月前):

    いつもお世話になっております。
    GCS2011、お疲れ様でした。フライトの都合上、あいさつもなく抜け出して大変失礼しました。標記の件、ざっと考えただけですが、以下の通りです。

    さて、3月に反省会でしょうか?
    MS田代委員長は、「早めに」とおっしゃってましたが、学校側は卒業式がありますので、3月第3週以降がいいと思います。

    ●良かった点
    ・作品展示での学生同士の交流
    ・学生のモチベーション向上と自信
    ・セッションで就職活動の意識が高まった
    ・あいさつがよく、質問をよくする学校さんを見て刺激を受けた。
    ・(教員視点で)他校の取り組み、重視してる点がよく分かった。

    ●反省点
    ・全体としてプレゼンレベルが低い。
    →このままだと企業から「専門学校こんなもんか」と思われる。

    ・参加学校の目的が微妙にバラバラで、コンテストとしての真剣さが足りない。
    →勝ちに来るのか交流が目的なのか企業評価が目的なのか。

    ・当日スケジュールが不明確。アナウンス不足。
    ・セッション題目が重なった。→覆面セッション不要。
    ・展示レイアウトは事前に決めておくべき。
    ・集合時間も明示しておく。12時過ぎても準備している学校があった。
    ・セッション参加か展示作品見学か、自分の意思で決める学生が少なかった。
    →スケジュールは選択式ではないほうが、学生も混乱しない。
    ・電源不足
    ・森永さんはディレクターなので、自分で司会までやってはいけない。
    →現場仕切りに専念し、司会進行やアナウンス役をつけるべき。

    ●今後
    ・企業の採用活動に繋げるなら、参加学校数とレベルアップが必要では?
    (東京代表が欲しい。日本工学院とか他の文科省委託事業参加校にも呼びかけを)
    (同じ参加校なら、本校は次年度、上位層でなく、その下のレベルの学生を派遣する。 つまり、作品審査を受ける学生を増やすため、他のコンテストと住み分ける)
    ・繰り返しになるが、プレゼンは各校でもっと練習したほうがよい。

    以上よろしくお願いいたします。

  • もりもり4 さんのプロフィール写真 もりもり4 の発言 (8年 8か月前):

    【改善点】
    ■エントリー名が制作者名だと
     採点の際にどの作品か直感的に分かりにくい。
     →作品名で統一してはどうか。
    ■コンテストのプレゼン部門は参加出来るチーム数が限られている。
     何かしらの見直しをした方が良いのでは?
     →プレゼン部門のみ独立させ、作品の採点には加算しないなど。
    ■プレゼン中のサウンド音量が大きくマイクからの音声が
     聞きとりにくい事があった。
    (席がスピーカーの正面だったからかもしれません)
     →1チーム目のプレゼン終了時に音量等確認しても良いかも。
    ■プレゼン審査を行うチームのアナウンスが事前にあった方が良い。
    ■事前に配布される展示作品リストに
     作品の画像が添付されているとわかりやすい。
    ■覆面・人事しゃべり場が似た感じの内容になりそうだった。
     (人事しゃべり場が学生さんからの質問コーナーに
      なったので、回避出来ましたが)
     テーマは事前に明確に分けておいた方が良さそう。
    ■初日最終セッション、学生さんの集中力が欠けているようだった。
     →セッション数や休憩時間の見直しの必要は無いか?

    【その他感想】
    ・会場の広さ(展示スペース、セッション会場とも)などは
     丁度よかったように思えます。
    ・当日話題の出ていた、参加学生さんの服装については、
     個人的には『ビジネスカジュアル』に準じるものであれば
     スーツでなくても良いかと思います。
    ・今後の就職活動で同じ土俵で戦うことになる、
     他校の学生の作品に触れられること、
     また、作品を見るだけでなく交流の場が持てるのは
     学生さんいとって良い刺激になったのではないかと思います。